美容師はお客様に夢を売る仕事!それを形にした友人

自分が思い描く夢を形にできたら、どんなにステキなことでしょう。
そのためには、自分の夢を紙に書き出すことが大切です。
また、「~になりたい」ではなく「~になる」にすることも大事なポイントです。
これは、アスリートの成功体験からも納得できるのではないでしょうか。
ある友人の場合も例外ではありません。
彼女は美容院を開く夢をずっと描いてきました。
しかし、家庭の都合で引越しを余儀なくされるなど、いろいろな事情があり、自分のお店を開く機会に恵まれませんでした。
ところが、ずっと諦めずにいたところ、最もよい条件で美容院を開くことができたのです。
しかも、親族が経営する衣料品店やお花屋さんなどとも近い場所にあります。
髪がキレイになると、ステキな服が欲しくなりますよね。
また、お花があると生活空間が潤ってきます。
いずれも、お客様に夢を売る仕事という共通点があります。
ちなみに「夢を売る仕事」と言ったのは友人ではなく、衣料品店を経営する人でした。
しかし、美容院での仕事も、お客様に夢を売る仕事ですよね。
そのためには、自分磨きも大切です。
ヘアスタイルはもちろん、メイクや衣服など、いろいろな面で気を付ける必要があるのではないでしょうか。