コーヒーの起源はいつ?

今でこそ、コーヒーは世界中の多くの人が好んで飲んでいる飲み物です。
そのコーヒー豆を世界で最初に飲んだ人は、いったい誰なんでしょうか?
コーヒーのホームページを調べてみました。
9世紀頃(今から1000年ぐらい前)、エチオピアの羊飼いがそこの土地に生えている赤い実を食べた羊だけが、興奮していることに気づきました。
羊飼いがその赤い実を食べてみると、頭がすっきりしたので、その話を近くにいた僧に話します。
話を聞いた僧は、興味を持って仲間と赤い実を煮出して飲んでみます。
そうすると、やはり頭がすっきりしたのです。
僧たちは、これを飲んで夜の修行を乗り切ろうと飲み始めたのが、この赤い実「コーヒー」の始まりなんだそうです。
10世紀に入るとアラブ全域に知られるようになり、医者たちはコーヒーに消化を助けたり利尿作用があることがわかり、薬として茶色い汁を患者に飲ませていたようです。
その後、数百年の間は、とても渋くてまずいがよく効く薬として飲まれていました。
コーヒーを香り高い美味しい飲み物に変えたのは、15世紀に入って“焙煎”の手法が発見されてからなのです。